いんちきDJをブッ飛ばせ!

最近クラブに遊びにいくとなんだかよくわからない人がDJをしている事が多くなったような気がします。元モデル、売れない芸能人、自称有名DJ等々・・・。誰が何をしようと勝手ですがお金を払って遊びに行っていんちきDJがプレイをしていると本当に萎えてしまいます。この状況を少しでも改善したいですしこれからDJを始めたいという若い方にもカッコばかりのインチキDJではなく本物のDJを目指して貰いたい、そんな気持ちで私のDJ感について語っていきたいと思います。

カテゴリ: DJとは

上手いDJと下手なDJって何を基準に考えたらいいのでしょうか?これはとても難しい問題です。

まずDJをやった事がある人と目線お客さん目線では視点が変わってきます。

DJはミックステクニックやスクラッチ(ジャンルにもよりますが)そして曲の使い方などを見て上手い下手を判断します。

逆にお客さんでDJをしたことが無い人はDJどんなすごいテクニックを持っていてもわからない人が多いものです。

DJのテクニックよりも「踊れるか」「盛り上がれるか」という所が上手い下手の判断基準になります。

続きを読む

DJと言っても色々なジャンルのDJがいます。

そしてそのジャンルの数だけDJのスタイルにも違いがあります。

たとえば私はミニマル、テクノ、トランス、ドラムンベースが主に好きなのですが、これらのジャンルは基本的に楽曲自体DJが繋ぐ事を前提で作られている為(BPMの範囲がある程度きまっていたり、16小節ごとに展開があるなど、ある一定のお約束の上で作られているという事です)正直繋がないDJというのはお話になりません。

続きを読む

カールコックス(Carl Cox)というDJをご存知でしょうか? 彼は80年代より活動を開始して瞬く間にスーパースターになりその地位は今も衰えることをしりません。

同時に3台のターンテーブルを操りながらさらにはリズムマシンの音もリアルタイムで混ぜていくというもう何をしているのか見ていてもわからないような凄いテクニックの持ち主で私もDJを始めた頃、彼のミックステープ擦り切れるまで聞き込みました

続きを読む

プロのDJになるのは簡単です。DJ以外に仕事をしないで生活していればプロだからですw

DJでの月収が2万円しかなくてもそれで生活できていればプロなんです。

女の家に転がり込もうが道に落ちているものを拾って食べようがDJ以外は絶対に仕事はしない!そう決めればプロになれます。

どうですか?簡単ですよね?w

月2万円はさすがに厳しいかもしれませんが要するにこの「DJだけで食べて行くんだ」という心構えがあるかどうかでプロになれるかどうかが決まってきます。

続きを読む

DJの中には(特に初心者に多い)予めセットを組んでDJをする人がいます。

セットを組むというのは、例えばAという曲を掛けた後にBという曲をつないで次はCというように、全て曲順を決めて、その曲の何処の箇所で次の曲に繋ぐか、というタイミングまでを全て決めて練習して本番にそのままDJする事です。

続きを読む

このページのトップヘ